ダイエットに効く料理

料理を自分ですることの醍醐味は、料理によって自分の体調をコントロールできることだと思います。
例えば、忙しくしていて外食が続いてしまい、体重計に乗ることのないまま二か月ほどを過ごしているうちに3キロも増えていてびっくり、といった経験は多くの方にあると思います。
そんなとき、料理が好きな私が心掛けていることは、海藻、レバー、ほうれん草、しじみ、などといった、外食では多く採りにくい食材を家庭での料理にふんだんに取り入れたメニューに切り替えることです。
忙しくしていて、体重が増えると、つい、気持ちがみじめになるものです。
体重の増加に気付いたら、忙しいからという言い訳をせずに、キッチンに立つ時間を積極的に増やすことにしています。
こういった、血液に良い食材を摂取しようと努めることや、
水に浸す時間が要ったり、アク抜きや、塩抜きなどのひと手間が掛かる調理法を避けることなく継続しているうちに、2週間ほどでいつも体重は落ちてきます。
おかげで、体重は、ずっと学生時代とまったく変わりません。
また、料理が好きだと、料理番組や料理のレシピサイトを観る時間も自然と心地が良く感じられるものです。
長い間の蓄積は面白いもので、自然と自分の料理法も時代に合って変わったり、人気のオイルやハーブへの知識が深まったりすることも、
とても楽しいです。